I'm going to live in NY for two years from October this year!    (24 Jun. 2016)

<お知らせ> 
* Please see blow for the english version. 

この度「平成28年度 文化庁新進芸術家海外派遣研修制度」に採択されました。今年の10月中旬よりニューヨークに2年間滞在し、制作、研究できることになりました。
たくさんの方に助言やお手伝いを頂き本当にありがとうございました。あと半年弱で何から手をつけていいやらですが、制作の合間にビザや英語などコツコツと準備を進めています。頂いたチャンスを生かして頑張ります。 
今年の採択者が文化庁から発表されています。

http://www.bunka.go.jp/…/shinsh…/kenshu/pdf/h28_shinshin.pdf

<New Information>
I'm going to live in New York for two years from October, because I have gotten a fellowship to study in abroad by Japanese Agency for Cultural Affairs. I'm very happy to inform such a nice news!
I appreciate for everybody who helped and encouraged me a lot. Recently, I have started to prepare to move there. It is not so easy, but still I was excited so much.
I'm going to use this opportunity in the best way. I have to. 

Again, Thank you for giving me some kind advices for this application.
I hope, I could share some great news from NY!!

So much fun!!

I have been here for almost three weeks now. 

time is flying so fast! 

My busy days for preparing my exhibition was gone.

I couldn't imagine such an amazing and successful opening day of exhibition.

So many people came to my show and talked with me.

I really appreciate everybody for coming.

 

On the other days, I  visited some museum and handcraft studio, and I always can see beautiful land scape on the way to go. 

I wrote about staying in Sweden on my Facebook page!!
If you have interests, Please check here!!

I'm in Sweden!!!!!

I’m in Sweden and participate in artist in residence program that is organised by Varberg municipal’s art department. one of an artist who works in municipal art department found me on the internet and invite me such a wonderful project.

 

They prepare so many exiting plan for me. for example, visiting handcraft studio, some museums, and I will make textile by my design!!!

My exhibition will be held at Hamnmagasinet(municipal gallery).

http://www.konsthallenhamnmagasinet.se/doc/arkiv2014-7.htm

It will be start on October 25.

There are many cultural event at the same day.


I will have a plan to do some workshops, small lecture and open studio during I’m staying here.

 

Varberg is not so big town. but many cultural place are there. also I can walk by some

historical buildings, beautiful coastline, and meeting kindness peoples,,,,

I’m so happy to be here.


I’m staying 100years old house now.

This is awesome too.

Our country, Japan, It is so difficult to find that kind of old house to live , because of many earthquake.

Everything are new things for me. what a wonderful days!!

 

 

solo show in ing Kong

My solo show will be held at A.STYLE gallery in Hong Kong on Sep. 2 to Oct. 31! 
Please check it out;)

A Dream Beyond Dreams by Naomi Okubo
2nd September – 31st October 2014
Address: 12 Tai Ping Shan Street, Sheung Wan
Opening Hours: Tuesday to Saturday 11am-7pm | Sunday 12pm-6pm | Monday Closed
A.Style Art Space proudly presents “A Dream Beyond Dreams” By Naomi Okubo

Tokyo

I already went back to Tokyo the end of May.

I miss NY but of cause I also love Tokyo so much.

Now is rainy season useally but recently  the weather is strange,  so every day are sunny and hot like a summer. we had many rain mount of one month in the first few days of this time.

 

Anyway, I have some news.

I have a plan of solo exhibition in Hong Kong.( we haven't deside detail yet.)

Other one is so big! 

I was invited a program of artist in residence by Varberg which is the region of Sweden!!!!

This is the first time to participate in residency program for me.

I am going to stay in Sweden on October to November!!!!

I have been exciting after I got this invitation!!! 

I will be able to make some new type of my work  there.

I 'm looking forward to visit there!!

 

My main solo exhibition will be held from May next year at my gallery in Tokyo.(maybe so)

I already think about some plan for that;-)

 

Have a nice weekend☆

 

Naomi

 

 

Art fair week

Recently so nice weather in NY. 
I’m so glad to spend my time here.
It was art fair week here last week.
I visited three far, Frieze,NADA and PULSE.
I was always surprised by NY huge art market, of cause with in quality.
NY art gallery show them most important exhibition while art fair week.
I visited that the year before last.
It is my personal opinion that I think this year’s is more conservative than last one, after I visited I’m thinking about U.S economy, because art market connect so strong to economy. 
Eastern gallery  participated in these fair more than last time.
I don’t know what is this meaning but I just thinking that.
However I saw a lot of grate works.
I’d better keep trying…
 
Anyway, time is so fast.
I should go back to Japan next weekend. 
I have been here for three month.
I depicted eight new painting here.
Grate experiences I had.
I already miss NY…;-)hahaha

一番の関心ごと

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3488.html

私のアメリカに対しての一番の関心ごとはここにあると思っています。大学に行くのに軍に入るという選択肢が普通で、大学に入る前に軍に入って戦争にいく。かえってきて軍からの補助で大学に行く。方や政府は戦争にたくさんのお金を使う(軍需産業にお金がいく)。そのお金で学費を補助すればいいのに??と普通に考えればわかるのですが。この前話した人は、公立の大学でも年間$20000、私立だと$50000の学費。名門校だともっとといっていました。 卒業する頃には奨学金のローンもかさんで、卒業して社会人になる頃には借金が2000万くらいになる人もいると前に本で読みました。NASAが人類滅亡のきっかけは環境破壊と格差の拡大で、今の状況が変わらなければ人類はあと数十年で滅びると発表したというニュースを見たのですが、かなり深刻な話だけどあまり騒がれてなくて不思議。

ただNYに来て同じ年頃のアメリカ人に会うと格差の事や、戦争についてなどどう思っているか聞くのだけど、みんな同意見。そういえば日本だって同じような状況だな。。。自分の周りでは同じ意見なのに、テレビで見る情報や社会全体の意見は全然かけ離れている。。。

 

I'm up-date my statement

I'm up-date my statement, because It was so long.

Maybe I will up-date an English edition but I just post it now.

 

Anyways, I always use same running course that lead to the beach.

I love the beach so much...<3

 

13,April,14

 

 

 

 

 

I'm in NY still now.

I'm so happy to stay in NY still now.

I paint new works every day and visiting some nice galleries and museums.

Recently super beauriful weather here.

I wanna go on a picnic!!!

 

Anyways I didn't realize everybody couldn't understand how to send a mail on this web site. 

One of my American friend teach me about that.

Yes, that true, I forgot change message form to English.

 

I renewed that part, so I hope that is work for everybody<3

 

12 April 2014 

 

 

 

 

Two new interview

I just posted some photos

March,22,2014

 

 

 

I'm in NY now.

I am visiting in NY from March 3th.

My gallery participate in VOLTA art fair in NY.

That show started today.
One of the gallery's artist ''Shinnosuke Yoshida'' is exhibitting solo show at the gallery booth. 
They brought in the paintings for an exhibition and I helped it on March 4th.
I was exited so much! 

VOLTA art fair is solo show style exhibtion,so I can understand clearly what the artist want to express by ther works.

Don't miss it !!

 

I will stay in NY about 3 mounth.

I'm looking forwad to get a new vision!!

Shinnosuke Yoshida, Melt, 2014, oil on canvas, 500 x 500 cm
Shinnosuke Yoshida, Melt, 2014, oil on canvas, 500 x 500 cm

At my studio.

Hi !

Recently, some foreigner giving me e-mail.
They enjoyed my work.
I didn't know why they discovered me? but I'm so glad to conversation with them.
I realistically feel  the world become small.
That made me happy and encouraged me!!!

I should study English hard and hard and hard.......
but,I want to speak and write smoothly in English.

 

 

 

個展が始まります。

今週10/12(土)から個展が始まります。

昨日は搬入と展示作業をしてきました。

今回は3.8mの大作があるのですが、パネル二枚の組み合わせで

描いたのでちゃんとつなげて引きで作品を見るのはギャラリーで展示してから。

つなぎの部分や、色のバランスなど確認して、少し直したりしました。

今回は、色々と日々受ける影響や、こんな絵を描いたらどうかなと

思った事を素直に反映させてみようと思って制作しました。

なので作品の傾向も色々だったので、結構展示するのが大変でした。

 

展示をするとすぐに次回につながるような課題も見えてきます。

やっぱり展示すると勉強になるな。

 

そんなわけでまだ始まっていないのにごにょごにょと言い訳みたいに

きこえてもなんですね。。。

 

来てくれた方が来て良かったなと思ってもらえれば幸いです。

 

 展示website

 

2013年10月12日(土) - 11月9日(土)

 

オープニングレセプション:2013年10月12日(土) :18:00 - 20:00

 

営業時間 :11:00 - 19:00 日曜・月曜・祝日休み

 

 

Gallery MoMo

〒130-0014 東京都墨田区亀沢1-7-15

 

info@gallery-momo.com

Tel : (03)-3621-6813  Fax : (03)-3621-6814

営業時間
火曜日 – 土曜日
11am – 7pm

日曜・月曜・祝日休み

 

地下鉄大江戸線両国駅A3出口(改札正面エレベーターがA3出口になります)より徒歩1分。

JR両国駅東口より徒歩約5分

 

 

 

 

ご無沙汰しています。

あまりブログは向かないようです。

ここ2年でNYに3回いく機会があり、色々な刺激を受けています。

WORKSの作品、2012のがすくないな、と思われるかもしれませんが、

今年(2013,10)に個展を予定していて、そのとき発表する迄は新作を載せられないので

少なめになっています。

 

日々制作しています。

個展の後に沢山画像があげられるように頑張ります。

 

大久保

 

 

 

 

2012年

9月

18日

夏ももうおわりですね

今年は海海海とさんざん日頃から言っている私ではありますが

夏なのに海に一度も行きませんでした

 

でも私生活で大きな変化があって

すごく前向きになれて とてもいい夏になりました

 

海には行かなかったのですが2度目の富士登山をして

満天の星空とご来光を見ることができました

 

登り終わってみるとあんな所まで自分の足で行ったのかと思い

やろうと思いさえすれば何でもできるのかもしれないと

思えて 登って良かったです

 

夏だしと(あんまり関係ないけど)色々と遠出をして展示を見にも行きました

ヴァンジの「庭をめぐれば」とIZU PHOTOの松江泰治

箱根で大巻伸嗣、初めて越後妻有にも行きました

今月は横浜の奈良さんも

 

どの展示も行って良かったなと思いましたが

なにしろ キナーレのボルタンスキーがあまりにも良くて

最後の教室も ひさしぶりに 作品を見てものすごく感動しました

 

キナーレは車の中からキナーレの作品がちらっと見えた瞬間に

胸がどきどきしはじめて なかなかこういう事もないので

そういう作品に出会えたことがとても嬉しくて

他の作品の記憶が吹っ飛ぶくらいでした

 

帰って早速「クリスチャンボルタンスキーの可能な人生」という本を

図書館で借りて読んでいます

 

この本も最初はあんまり面白くないのですが

中頃あたりから 集中しすぎるくらい面白くて

 

いくつもあげるときりがないのですが、彼の芸術理論に対する考え方、

デュシャンに対しての考え方、もちろん死についても

とにかく面白くて、

一生懸命やっては見るし、立ち向かっては行くのだけれど

最初から引いてあきらめている、(例えばある人の記録を残す事はできるけれど

その人自体を永遠に保存する事はできないとか)

そういうスタンスがとても人間らしくて

現美の作品の印象が強すぎて、死に対して直接的すぎる表現で

あんまりいいと思えないと思っていたのですが

本当に越後妻有の展示を見たのがいいきっかけになって

今年の夏の一番いい思い出になりました

 

最後に少し本から抜粋して。。。

 

「アーティストというのは、顔の代わりに鏡を持っている人間で

人々が彼を見るたびに「これは自分だ」と思えるような存在だと思っている。

つまり事実や虚構を含めて自分自身の話をしながら、実は誰もがその中に

自分を確認できるような存在。アートは発見のためにあるのではなく

確認のためにあるのだ。アートは死を妨げようとする試み、

時間から逃れようとする試みだと思っている。

しかしアートは常にある種の失敗作で決して勝つ事のできない戦いだ。

生を止めたり、美しい夕焼けを捉える事は実際には当然不可能だ。

そしてそれを最初からやり損なう事を知っていて

つかみ取ろうとする事がすばらしい。」

 

0 コメント

2012年

3月

17日

3月11日

昨年の3月11日に起きた東日本大震災から

一年がたちました

 

本当にあっという間の一年だったというか

むしろ時が止まっていたのではないかと思えてしまうほどです

 

なぜそう感じるのかというと きっと色々な問題が

震災で浮き彫りになってから 一年が経った今でも

問題がほとんど片付かず 進展しないから

時が止まっているように感じるのだろうというのが

率直な感想です

 

問題といっても今回の震災では

地震や津波の被害と

原発の問題は別の問題としてとらえなくていけないと思っています

 

私は震災の後 すべての価値観や物の見え方が変わってしまった

という風に 一般的にもそして美術の世界でもいわれていることに

とても違和感があって 

なぜなら

原子爆弾の恐ろしさを身を持って体験した日本に これだけの数の

原発があること自体が 人は本当に大変なことが起ころうが

価値観が180度変わることはないということを

証明しているとしか思えないからです

 

ただ 物の見え方が変わりました

表に出ている情報を鵜呑みにしていると本当に危険で

何となく日本は安全な国だと言う思い込みや

いざとなったらだれかが助けてくれるのではないか なんて

私自身思っていた所があったのですが それは間違いで

バカではいけないのだと言うこと それは命取りなことで

知識はやはり自分自身を 助けるし知識がなければ

怪しいと疑うことすらできないのだということを知りました

 

震災後疑心暗鬼になりすぎて 何に対しても怖いと思っていまい

少し不安定な気持ちになった時期もありましたが

それでもこれからは 疑い 

知ろうとすることで乗り越えて行くしかないと思っています

 

被災地支援がとても遅れていることに関して憤りを感じていますが

普通に地震や津波にあった人の支援活動やそれに関する署名などに対しては

とても積極的になれるのですが 

原発周辺の地域に住んでいた人たちに対しての支援活動や

移住に対して国にお金を出してもらうよう求める署名などは

正直な所どう対応していいのかと 戸惑う所があって

原発周辺の地域の人たちは 今まで

原発があることで逆にさまざまな立派な施設がつかえたり 

優遇されて恩恵を享受してきたということがあるので

(たとえそれが目くらましであったとしても)

残酷なのかもしれませんが 騙す東電もひどいが

騙された地域の人々も自業自得の部分もあるとどうしても思っていますのです

 

もちろんその原発で作っていた電力は東北の人たちが使っていたわけではなく

私の住む東京の電力をまかなってきたわけで 私にも罪はあります

 

なんだか上から目線のような書き方になってしまいますが

これは自分自身に対して書いているようなものです

 

本当に勉強しなくてはと思っています

 

被災されなくなられた方 ご家族をなくされた方々に

心よりご冥福をお祈りいたします

 

 

私自身の活動のことですが

3/14〜4/2まで日本橋高島屋でのグループ展に参加しています

個展で発表した作品3点と新作4点を展示しています

詳しい情報はNEWSをご覧下さい

 

震災後にどう作品をつくっていくのかとても迷っています

震災ご半年くらいまでは どんな天災が起きようとも

変わらず生活をしている人がいるというのも事実で 

それはアメリカの国民のうちの99%が大変な思いをしていても

わずか1%の人間はそんなことはおかまいなしに過ごしているということと

私の中では同じことで どんなに絆だとか

思いやりだとか言っていても そういう人たちがいるということは

事実でしかなく 私は直接被害を受けている人たちのことや

起きている問題を描くのではなく

むしろそのわずかな数%の変わらない我関せずな人々を描くことで

何か見えてこないかと思っていましたが

あまりにも伝わらなさすぎるし(考えていることが違うのではなく

もっと伝割る表現にすればいいのかもしれませんが)

なにかもっと反応を見える形で表した方が いいのではないかと

1年がたったいまは思えていて どうしたらいいものかと考えています

 

ただ教会の室内装飾が 人々を非現実に誘い

心の救済の役に立ったのなら 私もそういう形で 何か提示できないかとも

思っています  まだまだ全然良くわかりません

 

先月27歳になりました

良い一年にしたいと思います

 

 

 

 

 

2 コメント

2012年

1月

05日

あけましておめでとうございます

 

あけてから結構日がすぎてしまいましたが

あらためまして あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします

 

ブログというものにいまいち慣れないもので

書きたいなと思うことがあっても

大それたことを書かなくてはと思ってしまい

そうするとおっくうになって 結局書かずじまい

 

もう少し ちょこちょこと小出しで書くと

きちんと続くのかもしれないななんて思っています

 

昨年は色々なことがあったなとあらためて思い返しています

 

そういえば年始はまだ大学院の修了制作でバタバタしていて

1,2月は修了制作、五美大展に モモのグループ展

そして3月に震災があって 4月予定だったアートアワードトーキョー(AATM)が

延期になり 5月に京都のアートフェアで京都に行って

重森三玲三昧の日々を過ごし(ワタリウムで展示やっていますね)

7月にAATMの展示があり 10月末に個展

11月に初インドネシアでしたがバリに10日間行ってと

なんだか目白押しな年でした こう書くととても充実しているようにみえますね

 

昨年も沢山の人にお世話になりました この場を借りてありがとうございました

 

さてさて個展のことは一つ前に書きましたので

今回はバリのことを

 

ヨーロッパ、アメリカなどのキリスト教圏は

結構脚を運んでいるのですが

今回は初めてのヒンドゥー教圏で(インドネシアはイスラム教が主流なので

バリは一つだけぽつんとあるヒンドゥー教の島でとても珍しいようです)

とても楽しみでしたので 沢山の寺院をまわってきました

 

ざっと書きますが、ウルンダヌプラタン寺院、タマンアユン寺院、ブサキ寺院、ゴアラワ(ゴア=岩、ラワ=コウモリ)、ゴアガジャ、

ティルタウンプル寺院、タナロット寺院、ウルワトゥ寺院

そしてアタ工芸とイカットという織物の有名なトゥガナンという古い村や、

芸術村と言われているウブド、

市場が沢山あり生活の中心であるデンパサール(デン=北、パサール=市場)

などをまわりました

ムンジャンガンという普通観光では行かないけれどダイビングをする人には

有名という北西のはずれにも半分は滞在して ダイビングをしてのんびりしました

 

バリは愛媛県と同じくらいの大きさの島なので

沢山まわれたのかなと思います

 

寺院で一番印象深かったのは

バリヒンドゥーの総本山のブサキ寺院でした

アグン山という富士山より小さいけれどバリで一番高い山を背後に臨む

ヒンドゥーの総本山であるブサキ寺院は

8世紀には仏教の修行の場だったそうで

また1917年のバリ島南部大地震の影響でバリ島で呪術 宗教儀礼が活性化した頃に

当時のオランダ植民地政府が バリ文化の保護者としての立場を内外に示す上で

ブサキ寺院を文化復興のシンボル的存在と位置づけその復興を重視し

それとともに旧王族を中心にブサキ寺院の儀礼体系が再構築されたことで

総本山的地位を占めるようになったという歴史があり

総本山という位置付けはバリ独自のものではないという所が

とても面白くもあるなという寺院でした

(宗教はいつも政治的背景に大きく左右され

また政治に利用されてきたのがよくわかる)

 

バリの人の生活は本当にヒンドゥー教とともにあり

朝からお祈りをし 各家々の庭には小さな寺院を各自が持っていて

(日本の神棚のような意識でしょうか)

町中 村中にお供えがあり そこここで何かしらのお祭りがあり

ホテルの従業員さんも朝になると ご飯粒を額に付けて接客していました

(お祈りのときに花を耳にかけてご飯粒を額の真ん中に付ける)

もちろんホテルの中にも小さな寺院があって

そこはヒンドゥー教徒の人以外は客でも入ってはいけないようになっています

 

こんなに宗教色の強い国も初めてでしたが

なんだかとてもしっくりくるものがあり

どうしてかいろいろ考えていたのですが

バリの人は信仰心が厚いですし きちんと儀礼もこなしますが

結構お祈りをすませた後などさっぱりしたもので

どちらかというと 宗教的なふるまいはすべて生活習慣という風に見えたところや

火の神様、水の神様、鉄の神様(実際行っているときに

鉄のお祭りの日があって 町中の車にお供え飾りがしてあって おはらいもしていた)

などとても信仰がアニミズム的で

むしろキリスト教圏に行った時に感じる宗教性より妙にしっくりくる

要因だったのではないのかなと思いました

 

食事もバリはご飯食がメインであちこちの山々には段々畑が広がり

豆腐もあり お魚もよく食べ 味付けも 辛い物もありますが

白菜の煮たのなんて とっても日本食の用な味で

飛行機で7時間くらいの距離ですが とても近しいところを

沢山見つけられる島でした

結構沖縄に似ていると感じる所も沢山あって

チャンプルという言葉はバリにもあります

 

実は行く前は食べ物のことばかり調べて行ったわたし

アヤム=鶏肉 パビグリン=豚の丸焼き

ソト=スープ ナシ=ご飯 チャンプル=炒める、揚げる

イカン=魚 などなど しっかり覚えて行き

ちゃんと現地のメニューでも何が出でくるかわかるくらいの予習ぶりでした

食文化がなにしろ気になってしょうがないのです

 

食はさておき最近の関心は宗教で

(ここ何年かすごく気になっていることの一つで)

わたしは信仰心など皆無の無神論者で

近しい人間以外の人を なぜ信じられるのか

全くわからない くらいだったのですが

最近は だんだんと信じている人の気持ちもわかるようになってた

もしくはこういう状況下なら まぁ信じたくなるきもちもわかる

と思うようになりました

決定的なきっかけは「シークレットサンシャイン」という映画で

なぜ信じるか なぜ信じなくなるのか 宗教の矛盾など

とにかくすごくいい映画でした

あとは身近なところでも母の友達の友人(遠いか)の

とてもさばさばしたキャリアウーマンタイプの しかも離婚を何度か繰り返していて

男の人を振り回しまくる 60代の女性がいて

その人がなんと昨年 秋頃にカトリック教徒になったとか

震災の影響もあるかもしれませんが やはり年を取ってきて

一人だと寂しいというのが本音なのではという母の言葉に なるほどな

と納得してしまったのでした

 

バリの人々を見ていても宗教は単純な信仰というより

大きな共同体をまとめる一つの方法であり

人とつながり 同じ思考を共有するツールなのだなと

あらためて感じる旅行となりました

 

また いろいろと考えっているうちに宮沢賢治の銀河鉄道の夜に出てくる

客船の沈没で命を失うことになった幼い兄弟と一人の青年がいて

その青年が 幼い兄弟を助けようとするけれど

助けるために他の人を押しのけるよりはこのままみんなで

神の前に行く方がよっぽどこの兄弟の幸福につながるのではないかと考えた

というシーンも思い出されて

シークレットサンシャインもそうですが

何か自分の力ではどうにもならない大きな困難が

目の前に立ちはだかったときに

そのような思考をできるようにするというのも

一つの宗教の効能なのだろうか(うまく表現できないな) 

なんて思ったりもしたのでした

 

 

変なしめですが沢山の人にとっても 

もちろん自分にとってもいい年でありますように

 

 

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

24日

個展終了しました

先週の土曜日 1年半ぶりの個展が終了しました

最終日は大雨で 雨女というやつかと

とっても残念でしたが 沢山の人がびしょぬれになりながら

来てくださって とてもありがたかったです

 

全体を通しても300人くらい来てくださったとか

2回脚を運んで下さった方もいて 

本当に ありがとうございました

 

なかなか展示でもないと普段コミュニケーションがとれないもので

色々な方と色々な話ができて良かったです

 

美術館関係者の方とお話をする機会が持てて

大学を出てから 友達以外で 美術を仕事にされている方と

久しぶりに話して 本当に自分の語彙のなさにがっかりしてしまいました

勉強 しなくてはいけないことは 沢山あります

 

特に展示直前は わたしの場合 本もよめなくなり

ネットもちょっとしか見なくなり 人とのコミュニケーションも減るので

搬入→展示→オープニング→展覧会スタート という頃には

脳みそが軟弱になって情報も枯渇している状態

 

展示がだんだん中盤にさしかかる頃ぐらいから 

せっせと展示を沢山見たり 本を読んだりして

脳を活性化させようとしている所です

あと やっぱり字を書いたり文章に残したりしないと

話したりするときとっさには言葉が出てこないもので

文章にするととても頭が整理されるということを

あらためて感じたので

このブログもそういった意味で

いいメモ書きになるかなと思い はじめました

 

今年は頭に修了展、五美大展、モモでのグループ展、5月にアートフェア京都、

7月にAATM,10月末からの個展と展示が結構続いていたので

全部の展示が新作ではないにしろ 個展もあり

ずっとアウトプットの年でした とても制作に集中できて

いつもより沢山の絵ができあがり 充実していたと思います

 

ですが ちょっとアウトプットが続きすぎたので

少しまた 沢山本を読んだり 展示を見に行ったり

映画を見たりと インプットの時間も設けて

次の作品につなげて行きたいと思います

 

制作とインプットすることと 自然に一緒にできるといいのですが

なかなか制作しているときは制作 

となってうので もうちょっと起用にできればなとおもうのですが。。。

 

先週はお客さんに勧めてもらったレントゲンでの高田安規子・政子個展

(すごく面白い展示でした 行けて良かった)

京橋で開催されていたVILLA TOKYOなど見に行きました

 

VILLA TOKYO で気になったのはAlicja Kwade(アリシア・クワデ)

なんだかんだで田中功起(実はあまり好きになれないと思っていたのですが

すごく面白かった 横トリもちゃんと見れば良かった)

あとは菅木志雄(今まで全然ちゃんと見れてなかったなと反省しました 

Knowledge-Situation 1970をみて すごくいいなと感動した)

でした

 

レントゲンの展示も含めて

何かある物に少し手を加えて 又は別の捉え方をすることによって

そのものが今まで見えていた見え方と全然違った物に見える作品が

(しかも 自然であまり押し付けがましくない形で)

やはり好きなんだな と あらためて感じられた展示でした

 

自分の作品とは違うけど。。。(わたしのはもっと押し付けがましい。。。)

 

それにしても 

VILLA TOKYO インフォメーションわかりにくくて

わけがわからなかったー

(途中何度も見に来たひとに道で「その地図はどこでもらったのか?」と聞かれる)

 

でも面白かったので 行けてよかったです

 

もうすぐ12月

12月になったらあっという間に年越しなのでしょうね

早い早い。。。

 

今週末から10日間バリに行きます

アジア圏はあまり行ったことがないので

キリスト教の教会や 日本の仏教のお寺などは

沢山今までに見てきましたが 

バリは90%がヒンドゥー教徒の国

ヒンドゥーの寺院には脚を運んだことがないので

寺院巡り楽しみです

 

寒くなってきましたが

お体ご自愛ください

 

 

 

 

 

 

4 コメント

2011年

11月

15日

メタボリズムの未来都市展

先週の土曜日はギャラリー在廊の日でしたので

ギャラリーに出る前に 六本木ヒルズの森美術館へ

メタボリズムの未来都市展を観に行ってきました

 

時代背景の年表や

模型 都市計画を再現したCG映像 インタビュー映像など

しっかり観ていたらやはり2時間くらいかかってしまいました

 

「メタボリズム」とは1960年 戦後復興を経て

高度経済成長期を迎えようとしていた日本で起こった建築運動のことで

「社会の変容に合わせて 都市や建築も成長すべき」という

全く新しい提案の広く世界中に影響を与えた 日本発の運動で

再評価の動きが高まる中での企画展だったようです

 

そもそも生物学用語である「メタボリズム」ですが

その意味のとおりに「新陳代謝」していく建築や 都市 デザインを

生み出して行くという理念のもとに具体的な提案を行った建築運動と

それをおこなったグループが「メタボリズム」でした

 

都市や建物が増殖して行く様子がCG映像で見やすくわかりやすく

伝えられていました

 

次々と新しいマンションや複合施設が作られていくのを

普段からみていて いい加減に新しい物ばかり作るというのではなく

古い物を直して リフォームして使い続けるようにしなくてはいけないのではないかと

常々考えていたので 「メタボリズム」の考え方は 賛成できる点が沢山ありました

 

黒川紀章の「中銀カプセルタワー」など基本の構造にカプセル型の部屋を取り付け

住居を増やしたい場合は カプセルを増やし 

また 古くなったカプセルを新しく付け替える仕組みはとてもわかりやすい

一例だと思います

 

しかし理念はとても賛成でき共感できるのですが

実際にそのような家に住みたいか

そのような都市で暮らしたいかと考えると 

どうなのかな というかわたしはあまり住みたくないと思ったのが

正直な所です 

 

模型で見たり遠景で都市を見る分にはかっこ良く見えるのですが

どうもその中の一つ一つに人々の暮らしがあることを想像しづらく

先にあげた「中銀カプセルタワー」も結局一度もカプセルを取り替えることなく

老朽化が進み取り壊しが計画されているというのも 

うなずける所でもありました

 

ただこれから私たちはどう暮らし どう生きて行くのか 

3月11日の震災のことも含め 改めて考えるいいきっかけになった展示でした

 

 

その後は WAKO WARKS OF ARTS ,OTA FINE ARTS, Zen Foto Gallery

よってから ギャラリー(Gallery MoMo Roppongi)へ 

お昼にと作ってきたサンドイッチを食べながら 杉田さん(ママさん)と

話をしたりしつつ少しのんびりしていましたが 

 

高校の友達 学部のときの友達 お客さんも次々に見えてバタバタ

嬉しい日でした

 

閉廊後は もう一つのGallery MoMo Ryougoku

同じギャラリーの作家さんの大坂秩加さんのオープニングに

その後2次会にも出てと とても長い一日となりました

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

11月

11日

HP開設&個展開催中

HPを初めて作ってみました

全くのアナログ人間なので 

今まで作ろう作ろうと思いつつも

いざ作ろうと思うと...

 

友達が手軽にやっているのを見つけて

これならと思い始めてみましたが

 

不慣れなこともありますので

温かい目で見てやって下さい

 

 

さてさて

ただいまGallery MoMoにて個展が開催中です

(詳しくはNEWSの所をご覧下さい)

 

だんだん寒くなってきて

今日はお天気も良くない一日でしたが

週末は晴れるよう

 

お誘い合わせの上 お越しいただければ幸いです

 

もう始まって2週間たってしまいましたが

毎週土曜日に在廊の予定です

 

よろしくお願いします

 

 

0 コメント