I’ve always cared about appearances.

The ideas for my work come from an inferiority complex and my experiences in adolescence. As an adolescent, everyone starts to care about how other people think of their appearances.

In my personal experiences, when I changed my own image, people changed their attitude toward me. they started to concern me, and our relationship became better. I also realized the power of fashion and the fear of other’s watchful eyes. I have been interested in appearances ever since.


In Tokyo, Japan, where I live, and in other developed nations, mass media provides us not only with images of created appearances, but also images of lifestyles and ways of spending our time.

We admire these images, and adopt them to create our own images, but we are overly exposed and consume these images so much, that we become confused about what is real and what is contrived. The consequence is that we become addicted to them.

Although it seems like a personal issue, it is connected to greater problems and inconsistencies in society.

In my work, I want to show my thoughts on these problems and inconsistencies taken from my personal experiences.

Apr ‘14

 

 

私は常に他人にどう見られているかということを気にしながら生活しています。私の作品は、私の個人的なコンプレックスや思春期の体験をもとに制作されています。思春期に人は誰しも自分の外見がどう見られているかということを気にし始めます。私は服装を変えることで、周りの人の自分に対する扱いも変わり、人との関係性も変わるということ身を持って体験しました。洋服が持つ力と、逆に人の視線の怖さを実感し外見に対して強い関心を持ちました。

私の住む東京や、他の先進国では、あらゆるメディアで作られた外見のイメージや、さらにライフスタイル、休日にどんなことをして過ごすのかという「イメージ」が提案されています。私たちはそれらに憧れ、自らの外見的なイメージを作り上げるときにそのイメージを利用します。

しかし、あまりにも多くのイメージに触れることで、それが作られたものなのか現実のものなのか、また自分がそのイメージをどんどん消費することで、いったい何が現実なのかということがわからなくなっていき、欲望だけがどんどん膨らんでいきます。それは一つ一つは個人の問題のようで、大きく社会の問題や矛盾につながっています。

私は個人的な体験を元にしながら、それらの矛盾や問題を考え、作品に表現しています。